〒145-0071 東京都大田区田園調布1-11-10-201
03-3721-1181 ご予約・お問い合わせ

診療案内:あらい歯科クリニック 多摩川・田園調布 インプラントセンター


一般歯科

むし歯治療歯周病治療歯周病予防

むし歯治療

・初期むし歯(CO:要観察歯~C1エナメル質のみのむし歯)

エナメル質の白濁など歯の表面のみの段階では、削るなどの処置はしません。
お口の中の清掃をしっかり行い、フッ素入りの薬液でしっかりと歯質を強化し、再石灰化を促します。

・象牙質・セメント質のむし歯(C2:カリエス2度)

噛みあわせに関係のない前歯や根の部分の治療では、削った部分にコンポジットレジンという歯と同じ色のプラスティックを詰め、磨いて治療完了です。
また、奥歯の噛み合わせ面の虫歯治療は、以前は金属を詰めることが多かったのですが、最近では強度に優れたプラスティックを使用できます。
質を強化し、再石灰化を促します。

・歯の神経に及んだむし歯(C3:カリエス3度)

感染した神経を取り除いた後に、根の先まで薬をきっちり詰めます。
その上に、前歯では歯と同じ色に塗ったハイブリッドセラッミク冠などを被せます。

また、奥歯の場合は、金属鋳造冠や部位によってはコンポジットレジン冠による修復も可能です。

・根の奥に及んだむし歯(C4:カリエス4度)

根の部分にまで及んだむし歯の場合、特に炎症が及ぶことが多いため根っこから抜歯をすることが多いのですが、根を矯正力で引っ張り出すエキストルージョンという方法で根を残せることもあります。





歯周病治療

歯周病の初期には、歯ぐきが炎症を起こし、ちょっとした刺激でも出血を起こしやすくなります。
その原因は歯の表面についている歯垢(プラーク)です。
歯垢というのは、たくさんの細菌がねばねばした液で結びつきます。
これを放っておくと、バイオフィルムという強固な膜が歯の表面に付着していまいます。
そうなると、もう歯ブラシでこれを落とすことはできません。

ですから、歯周病治療の第一歩、そして歯周病予防は、いかに歯ブラシできちんと磨けるかにかかっています。

しかし、バイオフィルムが歯面に形成されてしまうと、これはもう歯ブラシでは取れません。
そこで、歯周病の治療でいらっしゃった患者様への最初の治療では、バイオフィルムを専用の機械で落としていきます。
こうすることで、歯の表面を滑沢にします。
それにより、歯ぐきの腫れがひき、歯磨きがしやすくなります。
歯磨きにより歯垢を取り除き、健康な歯ぐきを作っていくのです。
歯磨きをしない人はほとんどいないと思いますが、問題は磨いているつもりが、実は磨けていない」というところにあります。

本当に磨けていれば少々の刺激では出血はしないはずです。
歯についた汚れを染め出して、自分の歯磨きの弱点を良くわかっていただき、本当に磨けるようにテクニックを身に着けていただくのが、当医院での歯周病治療の第一歩です。
しかし進行してしまった歯周病は歯磨きの徹底だけではなかなか改善しません。

まず、最初の治療として、歯ぐきの中にこびりついた歯石を取り除き、汚れた根面を綺麗にしていきます。

また、ぐらぐらになった歯を仮に固定したり、噛み合わせを治していきます。

進行した歯周疾患の場合、これらの治療の後、歯周外科手術と呼ばれる骨を作ったり、歯肉の形を整える手術をする場合もあります。



歯周病予防

歯は歯ぐきだけでなく、歯を支えている骨や根の周りの組織で成り立っています。

どの組織が悪くなっても歯は健康を保てません。よくテレビなどで耳にする歯周病は、その歯の健康を脅かす病気の一つです。
歯周病は、怖いことに初期のうちはほとんど症状がありません。

では、どうすればよいのでしょうか?

方法は、症状が出る前の段階で歯周病を発見し、治すしかありません。

当院では、X線検査のほかに、歯周ポケットの検査を行います。歯周ポケットとは歯と歯ぐきの隙間のことです。ものさしのような器具で歯ぐきを少し触り、その深さを測定します。その数値によって、歯周疾患の進行程度が分かります。

・スケーリング (歯石除去)について

歯石って言うのはご存知ですよね?

プラークが歯に1週間以上ついた状態が続くと唾液中のカルシウムと結合して石のようになってしまい、歯ブラシでは取れなくなってしまいます。

歯石はザラザラしているのでその上にプラーク(細菌)がつきやすく歯周病になりやすい環境をつくってしまいます。

当院では、歯の表面に付いた歯石を専用の機械または器具を使って取り除き、歯の表面をつるつるにします

・PMTCについて

PMTCとは歯医者さんで専用の機械を使って行う歯のクリーニングのことです。

毎日歯ブラシをしていてもどうしても磨きにくいところに少しずつたまった汚れが気になることもありますよね?

そこで、歯医者さんに行かなくっちゃと思うこともあるかもしれません。
でも、歯医者は、痛いし怖いというイメージが浮かんできて、足が向かなくなる、ということはありませんか?

PMTCの良いところはエステのようにきれいになるのに、痛みもなく心地よく受けて頂けるところです。
普段の歯ブラシでは取れない汚れ(バイオフィルム)をとり特殊なペーストを使い研磨することによって、歯の表面につやが出て滑らかになります。

これで、お口の中がすっきりし非常に気持ちのよいものになります。

それだけではなく歯周病の進行を遅らせ、歯を丈夫にし、お口の健康の維持ができます。

私どもでは、このPMTCによって皆様に歯の治療ということだけでなく、お口も心も癒されていただければと思っております。

・ブラッシングチェックについて

きれいに歯を磨いたつもりでも、意外と磨き残しがありすよね。

人によって歯の形や歯並びは異なるので、全体を漠然と磨いていると磨き残しが出ます。また、ご自身の磨き方のくせによっても、やはり磨き残しができます。

そこで、汚れの残っているところを赤く染め出して分かりやすくご覧になっていただき、歯ブラシがどのようにあたっているか、プラークが実際にはどれほど取れているのかについてチェックを致します。

歯ブラシの使い方だけでなく、歯間ブラシやデンタルフロス、部分磨き用ブラシの使い方についてもご説明いたします。

このブラッシングチェックによって、歯や歯ぐきをよりきれいに保てるようになります。